XM-MT4の画面上にスプレッドを表示する方法

XMのスプレッドは通貨ペアによっても違うし、朝方や昼間、夜など時間帯によっても異なります。ついつい朝方にポジションを持ってしまったら、想定外のスプレッドの開きだった・・。なんてことがおきないように、MT5、MT4でスプレッドを表示される方法を紹介します。

MT5、MT4の画面上にスプレッドを表示させる方法

XMで取引を行う際に使うメタトレーダー5、(MT5またはMT4)にスプレッドを表示させる方法は
2つあります。

1、気配値にスプレッドを表示させる

1、MT5を開いて、「気配値表示」をクリック
2、すると気配値が出てくるので、このスペース内で右クリック。
3、「スプレッド」をクリック。
4、すると、Bid,Askの隣にスプレッドが表示される。

普段取引する通貨ペアを表示させる場合は、再度右クリックして

「非表示、すべて非表示、すべて表示、通貨ペア、セット」の設定を変更することで、
自分の見やすい状態にセッティングすることができる。
「通貨ペア」をクリックすると、取引可能な通貨ペアが出てくる。
これはダブルクリックすることで、表示・非表示の切り替えができる。
「ドル円」のみ取引する人は、ドル円以外を非表示にすることでさっぱり見やすい
画面にすることができる。

2、スプレッドを表示させるインディケーターをMT5に入れる

もうひとつがインジケータをMT5に入れる方法です。

スプレッドを表示させるインジケーターを入れると、チャートの好きな場所にスプレッドを表示させることができて分かりやすいです。

『SpreadLabel.ex4』内に入り、
・「ダウンロードはこちらをクリック」をクリック。

・MT4の「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリック。
・「MQL4」→「Indicators」を開く。

・「Indicators」フォルダ内に、ダウンロードした「SpreadLabel.ex4」を入れる。

・入っているのを確認したら、「×」をクリックしてMT4を閉じ、再度MT4を立ち上げ(MT4の再起動)。

・MT4を立ち上げたら、「ナビゲーター」→「インディケータ」をクリック。

「インディケータ」内の「SpreadLabel」を、スプレッドを表示させたいチャート画面にドラッグ&ドロップ。

ドラッグ&ドロップすると設定画面が出てくる。
「パラメーターの入力」タブを開いて文字の色やフォントサイズなどを見やすいように変更して「OK」をクリック。

タイトルとURLをコピーしました