XMで口座間の資金移動をする方法

xm

XMは複数の口座開設ができることから、口座間での資金移動を行いたい人もいるでしょう。

ここでは、口座をまたぐ資金移動の方法と注意点、獲得ボーナスで気を付ける点を解説します。

XMの口座間で資金移動をする方法

1ユーザーで8つまで口座開設が可能なことから、複数口座を所持しているトレーダーも多いです。
この口座間で資金移動させる方法です。

元手資金がある口座のXMマイページにログイン
ログイン後「資金振替」ボタンをクリック。

(スマホは三本の線メニューボタンから「資金振替」をタップ)
「入金口座ID」で、資金を移動させたい口座番号を選択。
希望の金額を「入金額」の部分に入力(500円以上)。
「リクエスト送信」をクリックすると即時に反映される。

資金振替ができないときの原因と対処方法

資金振替、資金移動ができない、エラーが出る、反映されない、時の原因と対応法をまとめました。

口座間資金移動の最低金額は500円以上

XMの口座間資金移動の最低金額は500円以上となっていて、それ以下だと受け付けできません。

ボーナスのみの資金移動は不可

ボーナスだけの資金移動はできません。資金移動した証拠金は移動額と同じ割合のボーナスが動きます。(証拠金の50%を移動すると、ボーナス50%が移動)

XMゼロ口座に資金移動したらボーナス消滅

スタンダード口座からゼロ口座に資金移動したら、移動資金と同じ割合のボーナスはなくなります。
ゼロ口座は入金ボーナスのない口座のため、スタンダード・マイクロ口座からゼロ口座へ資金移動したらボーナスが消滅するのです。口座開設ボーナスであれば、ゼロ口座でも獲得できるものなので、口座に関係なく資金移動の割合に応じて移動します。
口座開設時「ボーナスを受け取らない」に設定すると、どの口座であっても資金移動に伴い消滅となります。

口座間資金移動の手数料は無料.

資金移動手数料は原則無料です。

例外として、日本円口座から、米ドル口座への移動は移動資金の0.3%が差し引かれます。
口座の基本通貨を別にしていると、口座間資金移動の際に手数料0.3%がとられるのです。
ほとんどの人は、基本通貨を全て日本円にしているので、該当する人は少ないでしょう。

証拠金維持率150%を下回っていると移動不可

ポジションを持っていると、証拠金維持率によっては資金移動ができなくなります。

ポジションを持っている状態での資金移動はできますが、、証拠金維持率が資金移動によって150%未満になることはできません。証拠金維持率が150%以上になるようにしてから資金移動するか、ポジション決済して資金移動するとよいです。

証拠金維持率の計算ツールが便利

証拠金維持率の計算は、XMの証拠金維持率の計算ツールが便利です。必要項目を入力するだけで、必要証拠金が自動で計算されます。

必要証拠金が10万円必要とすると、150%以上の15万円の必要証拠金が口座になければいけません。

MT4からMT5への資金移動も可能

最近ではMT5ユーザーが増えてきています。今まで使っていたMT4口座から、新しいMT5口座への資金移動も問題なく行えます。

移動口座は同一名義であること

口座間資金移動は、本人名義の口座のみ可能です。家族の名義でも移動はできません。

口座移動方法まとめ

XMは1トレーダー8つまで口座を作ることができることから、多くのトレーダーが複数の口座を持っていることが多いです。MT4、MT5を分けたり、ゼロ口座と、スタンダード口座を持って、デイトレー、スキャルピング用で使い分けたり、通貨ペアごとに分けたり、といった感じです。

基本的に資金移動は即時反映されて、手数料もかからないので、(基本通貨が異なる場合は手数料がかかる)実際に試してみてもいいでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました