XMの金融ライセンス事情

xm

自分の大切なお金を預けるのだから、海外FX業者ってなんとなく不安・・と心配になる気持ちを持つ人も多いでしょう。

ここでは、海外FX業者として日本で一番の実績を誇るXMトレーディングの金融ライセンスについて説明しておきます。XMに預けた証拠金がどのように管理されているのか、資金の安全性や信託保全についても説明します。

XMtradingはセーシェル金融庁のライセンスを取得

XMの日本人向けサービスが、エックスエムトレーディングという名称です。
XMTradingはTradexfin Limitedが運営しているFX会社で、セーシェルに本社を構え、セーシェル金融庁の金融ライセンス(番号:SD010)を取得しています。
(XM本社(xm.com)の運営母体はキプロス籍の「Trading Point Holdings Ltd」で、世界各国に会社を設立しているグローバル企業です。)

以前は日本人顧客向けに、キプロス証券取引委員会(CySEC)にてサービス提供していましたが、2016年にキプロスからセーシェルへ移管されました。

移管の理由としては、
「日本人顧客に継続して一定の品質を保ったサービスを提供するため」です。

セーシェルの方が、若干ライセンスの取得難易度が下がりますが、XM側としては、継続して安定したサービスを行うために移管を決断しました。

ライセンスが移管したことにより、何か裏があるのでは?と心配した顧客もいたようですが、2016年以降も以前と変わらないサービスを提供してくれているので、心配する必要はないでしょう。

もしXMが破綻したら・・

可能性は極めて低いですが、XMが倒産した場合、口座資金がどうなるか、が心配でしょう。

国内FX業者だと、信託保全が義務となっているので、破綻しても証拠金は全額返還されることが多いです。

信託保全とは?
FX会社が顧客から預かった資金を銀行等の第三者へ預けることでその資金を守る方法です。
破綻の場合にも、業者の運営資金等に使われることなく、顧客資産として守られます。

分別管理とは?
分別管理とは、顧客から預かった資金と運営資金を別途に分けて管理するやり方です。
ただし、破綻した場合、分別管理先の口座が差し押さえ対象となったら、資金が戻ってくる保証はありません。

XMの資金管理について

XMの場合、キプロス法人とセーシェル法人で管理の方法が異なっています。

キプロスのXM本社はCySECが定める投資家補償基金(ICF)に加入しているので、破綻の場合でも
最大2万ユーロ(約250万円)がICFによって補償の範囲となっています(2万ユーロまでの信託保全)。

XMTradingは分別管理のみ

かつては、キプロス管理下にあったため、「英国バークレイズ銀行の分別管理」「ICFの2万ユーロまでの信託保全」と二重安全という状態でしたが、セーシェル法人となった今では、「2万ユーロまでの信託保全」がなくなりました。

かつては、
「イギリスバークレイズ銀行にて分別管理されている」
「AIU保険に加入している」
といわれていましたが、現在では公式サイトにはこれらの記述はありません。

XM側としては「ドイツ、スイスの銀行にて完全分別管理している」という見解のみですが、
10年以上も続いている会社が安易に破綻するとは思えません。

ただし、万が一のことを考えて私たちトレーダー側も持ち金を全て預け入れるなどは避けた方が
いいかもしれません。

XMは追証なしのゼロカットシステムを採用

ライセンスとは事情が異なりますが、XMが顧客も守ろうとしてくれていることは、ゼロカットシステムを採用していることからも分かります。ゼロカットシステムとは、急騰、急落で預入以上の金額がマイナス残高になっても「XMがマイナス分を肩代わりする」というものです。

国内FX業者だと、スリッページで約定がずれて口座残高がマイナスになってもそのマイナス分を支払う必要があります。
国内業者で借金まみれの「追証地獄」が発生しているのは、このせいです。
それに引き換えXMは「ゼロカットシステム」があるので、借金のリスクがなく、この点では安全性は国内業者よりXMが上ということになります。

実際に、ゼロカット発動で顧客を借金から守った実績が過去にあります。2015年1月に起きたスイスフランショックがそれです。大手と呼ばれる会社が複数破綻する中、XMはしっかりとゼロカットを実行し、顧客の信頼を高める結果になりました。

よくFX会社は営業年数が長いところを選べ、ともいわれますが、それはこのような金融ショックをくぐりぬけてきた強さが信頼感につながっているということもいえます。

XMの金融ライセンスについてのまとめ

以上XMの金融ライセンスについてみてきました。
キプロスからセーシェルの金融ライセンス移管は、日本の金融庁の圧力を避けるためのものであり、
サービス品質については、全く問題ありません。
それは、いまだに日本人からの人気がもっとも高く、口座開設数が100万件以上になっていることからも明らかです。グループ会社としても、FX最大手のひとつであり、豊富な資金量を持っており、
資金管理も厳格であるため、特に心配することもないでしょう。

特に最近はライセンスが全くない聞いたこともない業者が時折出現していることからも、長年営業を続けているXMの評価がますます高まっているようです。

タイトルとURLをコピーしました