XMで法人口座開設ができなくなった件

xm

XMには法人口座が存在しました。過去形なのは、今はなくなったからです。
現在のXMでは法人口座解説を行うことできません。
日本国内法人だけでなく、海外法人も同等にできなくなりました。

XMはかつて法人口座開設が可能だった

以前のXMtradingは法人での口座開設が可能でした。しかし、2018年にXMは法人口座の開設を停止しました。今後再開する予定もないようです。

法人口座を開設して利用するメリット

「法人口座にすると何かいいことあるの?」
FX口座を法人化するメリットは以下の通り。

FX法人口座のメリット
・個人より優遇される
・経費の範囲が広がる

個人より優遇される

法人は個人よりも取引が大きいので、大口顧客として扱われます。
当然会社としても、大きな取引をしてくれる顧客を優遇しがちになります。

とある会社では大口顧客をVIP待遇として、海外で開催されるイベントパーティに招待を行います。
スプレッドを狭くしたり、よりハイレバレッジにしたりなど、個人よりも有利な条件にしてくれる場合もあります。

以前日本の証券会社では、リーマンショックの大口顧客の損失を補填した事例もあります。
それだけ法人の大口顧客は大切である証となります。

経費で落とせる項目が増える

個人よりも法人の方が、経費で落とせる項目が増えて税金面で有利になります。経費申告の対象としては以下のものがあげられます。

wifi、通信代
セミナー費
パソコン本体、周辺機器
家賃、電気代

これらは国内FX、海外FXでも経費申告ができ、それが認められると、節税対策となります。このように法人口座にもメリットはありますが、わざわざ法人口座を開設するほどの魅力は本当にあるのでしょうか?

あえて法人化しなくても個人口座で十分

しかし海外FXで法人化せずとも個人口座にしてもメリットは大きいものがあります。

理由としては以下の2点。

1、個人口座でもレバレッジは同じように高い
2、納税額は結局一緒

1、個人口座でもハイレバレッジ
個人口座を利用していても一番の魅力であるハイレバレッジでの運用が可能です。

XMでは実に「888倍」での取引が可能です。
国内FXであれば最高で25倍にとどまってしまうので、やはり海外FXに分があることになります。

2、納税額は結局一緒
エックスエムのような海外FX会社で得た収入については総合課税方式として納税を行います。仮に海外FXで法人口座を開設し、企業から個人の役員報酬として受け取る形にしても税率が低くなることはなく収める税金は同じになります。

納税する金額としては、同じになるので、法人口座である必要な全くないといえます。

XMの法人口座を分かりやすく解説 まとめ

以前はXM法人口座の開設可能でしたが、現在は法人口座の新規開設は受け付けていません。

法人口座は税制上にはメリットがあるといわれますが、経費扱いできるものは増えるものの、税率は変わらず優遇されることもないので、個人トレーダーが意識しなくてもいいでしょう。個人口座でも海外FXのメリットは十分に享受できるので、個人口座でしっかりとトレードを行っていけばいいと思います。

人気No1のFX会社・gemforex

海外FXではダントツ人気のgemforex。

6月25日まで証拠金「2万円」がもらえるキャンペーン実施中。レバレッジが1000倍まで掛けられるので、正しいやり方で臨めば、ノーリスクで1年間で資産10倍以上も可能です。

xm
fx-diggerをフォローする
FX-digger
タイトルとURLをコピーしました