xmデモ口座の開設方法

xm

リアルトレードの前に検証をおこなうことは大切だ。
ここでは、デモをおこなうため、XM(XM Trading)のデモ口座の開設方法の手順や、デモ口座の有効な使い方、気を付けるべき点についてをまとめている。

「海外FXがはじめてで不安・・」
「新しいテクニカルを試してみたい」
「MT5、MT4の初心者なので、使い方に慣れておきたい」
「ハイレバレッジがどれぐらいのものか知っておきたい」」

という人は、XMのデモ口座で実際にシミュレーションしてみることをおすすめする。

XMのデモ口座開設自体は、リアル口座よりも簡単だ。

本人確認のための書類提出や住所の入力なども必要なく、手順通りにステップ踏むことでわずか2分程度で開設完了する。

リアル口座もおすすめ

リアル口座ではお得なキャンペーンもXMでは新規のリアル口座開設しただけで3000円のボーナスをもらうことができる。(初めての場合に限る)

デモ口座はあくまでも検証用ため、利益の出金ができないが、リアル口座では3,000円ボーナスを使ってトレードをおこない、そこで出た利益は出金が可能。

実際に入金せずとももらえるボーナスのため、まさにノーリスクで、XMのトレードをおこなうことができる。

XMのデモ口座開設方法手順

XMデモ口座登録ページで情報を入力する
まずは下記リンクをクリック

XMのデモ口座開設はこちら

 


個人情報

入力は全て半角のローマ字でおこなう。

下のお名前:名前を半角ローマ字で記入

:苗字を半角ローマ字で記入

居住国:日本在住であればJapanを選択する

都道府県・市:現在お住いの都道府県を記入

電話番号:初期設定でで【(+81)日本の国番号】が設定されているので、最初の”0″を抜いて入力する。

例)09012345678→+819012345678

Eメール:現在使っているメルアドを記入する。フリーアドレスでも可能。

希望言語:日本語を選択

次のページへすすむ

取引口座詳細

取引プラットフォームタイプ:取引プラットフォームはMT4かMT5のどちらかを選ぶ。一般的にはMT4でOK。MT5を試してみたい人であれば、MT5を選択する。

口座タイプ:スタンダード口座かゼロ口座を選ぶ。(マイクロ口座は未対応)

普通のトレードであればスタンダード口座を選ぶ。(ゼロ口座はスキャルピング向け)

口座の基本通貨:ユーロ・ドル・円から選ぶ。日本在住の日本人であれば円を選択する。

レバレッジ:スタンダード口座では最大888倍、ZERO口座では最大500倍まで選択できる。

ハイレバレッジを体験するのであれば、888倍、500倍の最大倍率、そうでなければ50~100倍程度がいいだろう。

投資額:10ドル(約1000円)~500万ドル(約5億円)まで選べる。自分が実際に入金する予定額を選ぶ。

最高の5億円を選んでしまうと、あまりに現実から離れた臨場感のないデモトレードになってしまい、デモ口座を開設した意味がなくなってしまう。

口座パスワード

口座パスワード:小文字、大文字、数字の3種類が混ざったものとなる。よくパスワードを使いまわす人もいるが、一度、他で知られたパスワードは、他のいたるところでも使われてしまい、大変危険だ。ここだけの独自のパスワードを設定しよう。

ここで設定したパスワードはMT4、MT5やマイページへのログインのときに必要になるので、しっかりと書き留めておこう。

「私はニュースレターや企業ニュース、商品の最新情報を受け取ることに同意します」にチェックを入れて、最後に緑のデモ口座開設をクリックする。

 

登録したメールアドレスをチェックして、確認メールのリンクをクリックする

登録メールアドレスに、確認メールが届くので、「Eメールアドレスをご確認ください」をクリック。

デモ口座開設完了メールが届く。

MT4(MT5)のIDと、サーバー情報が届く。

MT4(MT5)ログイン時に必要になるので、削除せずに保管しておこう。

これでXMのデモ口座の開設手続きは完了とだなる。

MT4(MT5)をダウンロードしてデモトレード開始

デモ口座開設が完了したら、MT4(MT5)をダウンロードし、ログインIDとパスワードを入力すると、早速デモ口座でトレードをおこなうことができる。

XMのデモ口座開設はこちら

XMのMT4・MT5ダウンロードしてもログインできない?

デモ口座にログインできない場合
デモ口座にログインできず、『無効な口座』『回線不通』と出てしまう場合は以下を確認する必要がある。

・MT4のダウンロード時期が2015年11月26日以前になっていないか
・パスワードが正しくないか
・MT4、MT5の選択を間違えていないか
・最近90日の間に口座にログインしているか

以上の項目をチェックしたにもかからわずログインできない場合は、サポートにメールで連絡するか
もう一度デモ口座を作り直そう。

XMのデモ口座を開設するメリット

・リアル口座と同じ通貨ペア、チャートでトレードできる
デモ口座は、リアル口座と同じ通貨ペアでトレードが可能だ。

メジャー、マイナー、エキゾチック通貨ペアだけではない。
金、銀など貴金属、石油やコーンなどの商品CFD、日経225やダウなどのインデックス先物銘柄なども同じプラットフォームで取引できる。

チャートもリアル口座と同様の仕様となっており、主流のMT4、だんだんとメジャーになってきたMT5も利用可能だ。

デモ口座開設にかかる時間はおよそ2分で完了する。必要なのはメールアドレスだけ
XMのデモ口座の開設にかかる時間はわずか2分。

デモ口座の開設に必要なのは、「メールアドレスだけ」だ。
本人確認の書類なども必要ない。

メルアドはヤフーメールやGmailといったフリーアドレスも使えるので、実質無限にデモ口座を作ることができる。

XMのデモ口座の注意点

デモ口座取引はリアルトレードとは違うものだ。
自動車学校でいうと、シミュレーターで運転するのと、実際に路上に出るのが違うように、デモ口座とリアル口座での取引は完全に違うものだと知っておく必要がある。

・デモ口座のスリッページやチャートの数値は参考レベル
デモ口座とリアル口座では、特にサーバの仕様条件が異なっているので、デモ口座でのスリッページやチャートの数値は鵜呑みにせずに参考程度にみておいたほうがよい。

・設置サーバーが違う
設置されているサーバーがデモ口座とリアル口座は異なっている。

サーバが違うことで通信速度も変わってくるので、結果としてスリッページに差が出て、決済が遅れたりすることもある。

(デモ口座の方がリアル口座よりスリッページが少なく、約定力が高い)

・デモ口座は実際の市場を介さない
デモ口座は、実際の市場に注文を通さず、サーバのチャート内で完結するので、回線が通じてさえいえば、常にすぐに約定する。

それにたいして、リアル口座の場合は、要人発言で、相場が高騰、急落したり、雇用統計などの経済指標発表時といったときは、
スプレッドが広がったり、オーダーが入らずに、もたついてしまうことがある。

デモ口座の感覚で、リアル口座でリアルトレードをはじめると、相場の急変に対処できないこともありえるのだ。

・デモ口座ならではの安心感がある

実際にお金を投じているときのトレードは精神的に普通の状態ではいられないことが多い。

損切りすべきところで損切りしなかったり、逆に利益を伸ばせるところですぐに利確してしまう。

よくメンタルが重要だといわれるが、デモ口座は、実際にお金をかけていないため、不安や心配もない精神状態でトレードができる。

同じような局面で、同じ手法を使っても、デモトレードとリアルトレードだと、結果が違ってしまうことは普通にある。

デモ口座で取引して、大きな利益を出すことがあっても、現実には違った結果になってしまうことが多いので注意しよう。

デモ口座は検証用、使い方に慣れる、といった本来の使い方で威力をはっきするものなのだ。

XMデモ口座開設時のその他の注意点

デモはスタンダード口座とZERO口座のみ対応

XMのデモ口座は、スタンダード口座とZERO口座のみで、マイクロ口座は非対応となる。

デモ口座はレバレッジの変更や資金を追加で増やすことができない
一度口座開設すると、レバレッジの変更や資金の追加入金をおこない、資金を増やすことができない。

「レバレッジを50倍→100倍に変更したい」「デモ口座の資金が尽きたので、追加で増やしたい」
という場合は、新しいデモ口座を作ることになる。

同じメールアドレスで最大5つの口座申請可能

同一のメールアドレスで最大5つまでデモ口座の作成が可能だ。
レバレッジを違いを試したり、スタンダードとゼロ口座の違いを体験したり、MT4とMT5の違いを確かめたり、などいろんな使い方ができる。

メアドはフリーアドレスでもOKのため、実質無限にデモ口座を開設することができる。

デモ口座は無期限に使用可能。ただし放置状態が続くと休眠口座扱いとなる

デモ口座に利用期限はないので、基本永久に使うことができる。

ただし、「ノーポジション(エントリーがない状態)」、「90日間トレードをおこなわかなった」場合は、自動的に休眠口座となり、口座がロックされてしまう。

もしロックされた場合は、サポートにメールで連絡することで休眠口座を解除してもらうことができる。
その口座が不要の場合はそのまま放置で、新しくデモ口座を作り直すこともできる。

デモ口座の維持費は無料で解約、退会処理の必要もない

デモ口座の維持費は無料で、解約や退会処理の手続きも不要だ。

ニュースレターなどのメールが届く場合は、サポートに連絡してメアドを削除してもらうことで対応できる。

デモ口座の活用法

XMのデモ口座は期限がなく、作れる数にも制限がない。
活用法としては実にいろいろなやり方がある。

・レバレッジOとレバレッジ888倍の2つの口座を作ってレバレッジの度合いを比較する。
・スタンダード口座とゼロ口座の2つの口座と作って、スプレッドの差や、ゼロ口座の手数料のかかり方の確認をおこなう。
・MT4のテクニカル指標や操作方法などを確認する。
・最新のMT5の使い心地を試してみる。MT4との違いを体験する。
・逆張り時の打診買い用に使ってみる。
・口座をつぶす。疑似退場の経験として。
・ピラミッティング、ナンピン、マーチンゲール法など普段なかなか使えない手法で活用する。

いずれにしても、デモ口座ではリアル口座ではできないようなことでもチャレンジできるのだから、とことん使い倒そう。

XMのデモ口座開設はこちら

タイトルとURLをコピーしました