TitanFXはなぜ狭いスプレッドを提供できるのか?

TitanFXの特徴・強みとして真っ先にあげられるのが「スプレッドが狭い」という点です。
このメリットで多くのプロトレーダーがタイタンFXをメイン口座としてトレードをしています。

ここではスプレッドについて改めて解説していきます。

目次

TitanFXのスプレッドは狭くてトレードに有利

TitanFXは業界最も狭い水準のスプレッドのため、他海外FX業者よりも有利な条件でのトレードが可能です。
特にスキャルピングのような多頻度売買になればなるほどタイタンFXの強みが発揮されてきます。

なぜここまで低水準で狭いスプレッドで提供できるのか理由をあげます。

極狭スプレッドの理由1・NDD方式採用だから

TitanFXはNDD(None Dealing Desk)方式採用の海外FX業者です。

NDD方式なので、透明性が高く国内業者やDD方式採用の海外業者のように、不自然にスプがひろがったり、不明瞭な約定拒否やスベリといったものが全く発生せずに、狭いスプレッドで取引が可能となっています。

極狭スプレッドの理由2・独自の最適レート探索技術を持つ

タイタンFX社は独自に自社開発したダイナミック・リクイディティ・アグリゲーション(ZP-DLA)技術があります。
これは複数のリクイディティプロバイダーから一番有効で最適なレートを探索することが可能になります。
この技術により、世界で最も、得なレートでの取引ができるようになり取引環境が他社よりも優れているといえるでしょう。

極狭スプレッドの理由3・積極的なボーナス、キャンペーンを行っていない

他のFX会社の広告はよく見かけることと思います。
ただタイタンFXの広告はあまり見かけることはありません。広告費というのは、多大なお金を要します。

広告を打つことによって新規の顧客が増えますが、その分会社の経費も増えてしまいます。

半面タイタンFXは、広告をあまり打たずに顧客の口コミなどでの広がりを重要視しています。

広告費をかけずともスペックさえしっかりとしておけば、SNSなどでの評価も高まるので、タイタン側としてはそちらを選択しているというわけです。

これは会社の方針の違いなのでどっちが良くてどっちが悪いか、というわけではないのですが、トレーダー側からすれば、タイタンFXのように純粋にスペックに投資してくれている方がありがたいわけです。

上記3点の理由によりTitanFXは、主要取引通貨をはじめ、マイナー通貨、株式、貴金属などを業界最狭スプレッドで取引ができるようになっています。
「スプレッドを狭く小さくする」目標を、TitanFXは達成しています。

まとめ

TitanFXはスプレッドと約定力に特化した会社です。

そのためボーナスもなく、キャンペーンも一切おこなわないため、派手さにはかけるかもしれません。初心者には物足りなく感じるかもしれないが、逆にそれがタイタンFXが上級者やベテラントレーダーに支持されているのかを改めて感じられるでしょう。

目的はボーナスでおまけをもらうことではなく、あくまでもトレードに勝って利益を生み出すことだということを認識できれば、タイタンFXのスプレッドの狭さや高約定力がトレーダーにとって一番の味方になるということが分かってくるかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次