TitanFXのスマホアプリの使い方

タイタンFXのスマートフォンアプリの使い方について解説します。

今はPCだけでなく、スマホからチャートを確認したり、エントリー、決済することもできる時代になっています。
ひと昔前であれば、PCから離れずにずっとチャートとにらめっこ、という時代もありましたが現在では、外出していてもそこから全ての確認ができるようになっています。

目次

TitanFXのスマホアプリについて

TitanFXの公式スマホアプリはありませんので、android、iphoneといったスマホ利用者はMT4/MT5アプリを用います。

公式アプリがなくても、MT4/MT5で十分に事足ります。

メタトレーダーを提供しているメタクォーツ社は、世界的にも知名度が高くトレードプラットフォームとしても圧倒的な信頼感を持っていますので、ダウンロードするに値する信頼感があります。

MT4/MT5スマホアプリの注意点としてスマホではトレードのみ対応となるので、スマホアプリでは対応できないこともあります。

  • 新規アカウント登録:PC・スマホサイト
  • 入出金・口座間の資金移動:PC/スマホサイト
  • チャートの閲覧:MT4/MT5アプリ
  • トレード:MT4/MT5アプリ

アカウントの新規登録・口座開設や入金・出金はアプリではできないので、サイトに直接アクセスする必要があります。

TitanFXアカウント登録はアプリではできない

新規口座開設とアカウント解説は、スマホアプリではできないので、公式サイトにアクセスして登録を行います。

スマホブラウザからTitanFX公式ウェブへアクセスし「リアル口座開設」をクリック。

そこでで表示されたアカウント登録フォームを記入。

・個人口座か法人口座の選択

個人口座の場合は個人のメールアドレス、法人口座の場合は法人メールアドセスとパスワードを記入し「さあはじめましょう」をクリック。

取引口座の設定、お客様情報の設定、登録メールアドレス確認、本人確認書類提出を完了して新規口座開設を終わらせます。

TitanFXから送られてきたログインID・パスワード・サーバーが記載されたメールは、MT4・MT5スマホアプリのログインで使いますので、メールは保管します。紙で手書きしておいても安心です。

入金・出金・資金移動はTitanFXスマホアプリではできない

アカウント登録し口座開設を完了後に、入金・出金・資金移動を行いますが、これもTitanFXスマホアプリで行うことができません。

そのためTitanFX公式ウェブサイトで行います。

まずはTitanFX公式サイトのクライアントキャビネットへログインします。

・入金
入金を行う際は「資金の入金」を選択、入金希望する取引口座を選択⇒入金方法を選択⇒入金額を入力⇒入金手続きを行って完了します。

・出金、資金移動
資金移動と出金については、スマホ画面右上にある「三本線」→「出金」をタップします。

資金移動は「出金」を選択、資金移動元の口座を選択→出金方法で「口座間資金移動」→出金先口座⇒出金額を入力し、出金ボタンをタップ。

出金方法は、「口座間資金移動」を選択し、希望を出金方法に選択すればOKです。

MT4/MT5スマホアプリをダウンロードしてログイン

まずは、TitanFXをスマホで使うために、自分のスマホにMT4/MT5をダウンロードします。

iOSはAPP Store、アンドロイドはGoogle Playから、タップして取得します。

ダウンロードが完了したらスマホアプリをタップしてインストール起動して、MT4/MT5の「設定」から「新規登録」を選択します。

「証券会社」のページの検索ウインドウから「TitanFX」と入力するとタイタンFXが出現するのでクリックします。

TitanFXのログインフォームに、ログインIDとパスワードを入力してログイン完了となります。

スマホアプリでチャートを確認する

チャート確認する使い方です。スマホアプリでログインを完了して、「気配値表示」を表示させます。

最初に表示したい通貨ペアを選んで「チャート」を選択。

気配値表示に希望チャートの通貨ペアがないときがありますが、検索ウインドウに通貨ペアを入力すれば使えるチャートが出てきますので、そこから選択します。

TitanFXのスマホアプリでリアルトレードを行う

いよいよTitanFXスマホアプリでリアルトレードを行います。
使い方は簡単で気配値表示で通貨ペアを選択し「トレード」をタップするだけです。

一番使う成行注文は、「成行注文」表示を確認後、数量を指定し「成行売り」「成行買い」をタップしてエントリーします。

指値注文は、「成行注文」をタップして「Sell Limit」「Buy Limit」のどちらかを選択し、「数量」「価格」を指定してエントリーします。

逆指値注文は「Sell Stop」「Buy Stop」のどちらかを選択し、数量と価格を指定して注文をいれます。

成行注文とは一番使われる方法です。
TitanFXで現在のレートでトレードしたいとき、指値注文は売買したい価格をあらかじめ決めているとき、逆指値注文は利益と逆方向にポジションを建てるとき、など状況に応じて使い方を分けるようにします。
最初は成行オーダーが基本となりますので、成行だけ覚えておけばいいでしょう。

他にもMT4/MT5では「ストップロス」、「テイクプロフィット」をオプション的に仕込むという使い方も可能です。

PC/スマホでMT4/MT5をあわせるようにする

口座開設時にMT4かMT5をどちらかを設定しますが、PCがMT4でスマホがMT5、という使い方はできません。

同じ口座であれば、PC,スマホともにMT4、MT5は統一する必要があります。

現在MT4を使っていて、新しくMT5を使いたい場合は、追加口座として別口座を改めて開設します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる