TitanFXはスキャルピングに最も適した会社

FXで一番利益が上がる手法がスキャルピング。

プロアマ問わず多くのトレーダーがスキャルピングを行っていますが、会社によってはスキャルピング禁止であったり、禁止ではなくても推奨されておらず、頻度が多すぎると口座凍結になったり・・、と注意点もあります。

そんな中でもタイタンFXは、一番スキャルピングに適しているといえます。
なぜTitanFXはスキャルピングに適しているのか理由をまとめました。

目次

TitanFXはスキャルピングトレーダーに最適な理由

あなたがスキャルピングをメインとするトレーダーであるのであれば、タイタンFXでのトレードが一番適しているでしょう。多頻度売買は会社によって、扱いやすさも利益額も異なってきます。

ここでは、titanFXが適している理由について説明します。

スキャルピングOK!はっきりと認めている

国内FX業者は、スキャルピングを禁止としているところが複数あります。

禁止ではなくてもサーバーへの負荷の関係もあって、あまりいい顔をしない会社も多いのです。

タイタンFXではスキャルピングを認める旨を規約で明言しています。

TitanFXはスプレッドが狭い

スプレッドの狭さがトレードを左右します。これはスキャルピングだとなおさらです。
スプレッドが高いと、当然その分の利益が減ってしまいます。
そのためスプレッドの狭いFX業者を選択する必要があります。

スプレッドで業者を選ぶと、タイタンFXがやはり強いのが分かります。

競合他社と比較するとTitanFXの強さが分かります。

XMとの比較ではすべてにおいて上回っています。
Axioryはスプレッドが狭い方ですが、メジャー通貨ではタイタンに軍配が上がります。
LandFXもスプレッドは狭いですが、つい最近までランドFXはスキャルピングを禁止していましたし、早朝などスプレッドが異様に広がることも多いので要注意です。

titanfxはスプレッドがメジャー通貨、マイナー通貨、商品、株式など一貫して狭いのに加えてスプレッドも異常な広がりを見せることがありません。

ECN方式で透明性が高い

TitanFXではスタンダード口座はSTP方式、ブレード口座ではECN方式を採用しています。
ECN方式とは、トレーダーとインターバンクを直接結ぶ電子取引所を利用し、間にブローカーを介さず取引を行う方法です。

ECNは、NDD方式の中でも取引の透明性がより高いので、レートをブローカー側で操作したりスリッページや約定拒否がありません。
特に秒スキャルピングでは、スリッページが大きいことが命取りになることもあります。

MT5を採用している

TitanFXはメタクォーツ社の最新トレードツールMT5(メタトレーダー5)を採用しています。
最近になってMT5採用会社もぼちぼち出てきましたが、TitanFXがその先駆けのうちの1社といってもいいでしょう。

MT5の使い勝手の良さ、将来性を考えたスキャルピングトレーダーがこぞってタイタンFXに移管したのをきっかけに他社もMT5の採用を考え始めたようです。

MT4と比較しても、時間足が多く動きも軽い、今後の世界シェアでもトップの座に就くことが間違いないMT5は早いうちに慣れておいた方がいいでしょう。

ストップレベルが低い

TitanFXはストップレベル(指値注文などで、現在レートからどれぐらい離れた間隔で注文をいれられるかを示す値)が低いです。
ストップレベルは0ポイントなので、指値注文や損切り注文の設定も自由です。

ストップレベル一覧表

USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY EUR/USD GBP/USD EUR/GBP
TitanFX 0 0 0 0 0 0
Axiory 0 0 0 0 0 0
Tradeview 0 0 0 0 0 0
Traderstrust 0 0 0 0 0 0
Bigboss 1 1 1 1 1 1
XM 4 5.4 10.8 4 5.2 5
Gemforex 2 2.7 5.4 2 2.6 2.5
FBS 0.1 0.1 0.1 0.1 0.1 0.1
Hotforex 2 2 3 2 3 2

XMはストップレベルの広さがマイナスポイントになるのが分かります。

「XMの損切り注文をいれようとしても通らない」という話を聞きますが、これはストップレベル幅が広いからです。

スキャルピングはXMはストップレベルの点から厳しいといえるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次