ピラミッティング手法とは

初心者の投資

fxや株式のピラミッティング手法とは、為替が上昇するポイントごとにエントリーし、ポジションを増やしていくことをいいます。

最初に買うロットが大きく、次のポイントでは少し小さく、その次のポイントではさらに小さいロットにしていく、というやり方で形が底辺が大きく上に行くにつれて小さくなってピラミッドのようになることから、ピラミッティングといいます。

ピラミッティングのメリット

特徴のある手法ですが、このように買い増しすることで、高値での買い増しのロット数を抑えることができ、購入価格を少しでも低くすることができます。

平均の単価を低くすることにより、相場が下落する時であっても、含み益状態でのポジション状態を維持することができ、通常であれば損切りするところであっても、まだポジションを持ったままで引っ張ることができます。

相場下降時でも同様にピラミッティングは可能です。

■トレンド相場で動いているときに効果を発揮

ピラミッティングはトレンドフォロータイプで相場がトレンドを形成していて、上昇、あるいは下降しているときに、この手法でポジションを取るのが、適しているといえます。

逆にレンジ状態で、相場が動いていない時にはこの手法は使うことが難しいです。

ナンピンとは違うもの

買い増しの手法としてナンピンと同じようなものとして考える人も多いですが、中身は異なります。

ナンピンは含み損が出ている状態でのロット追加になりますが、ピラミッティングは含み益が出ている状態でのロットを増やす行為です。

同じロット追加手法であっても、ナンピンは非常に危険が伴うものなので、混同しないように注意しましょう。

■応用形としての長方形買い

買い増し方法としては、個人トレーダーcis氏がおこなっている、「長方形買い」があげられます。

これは、値上がりの見込める銘柄を購入し、含み益状態になってまだ上昇が見込めるのであれば、さらに追加の買い増しをおこないます。

値上がりの見込みがあたり、大量購入するので、はまれば、非常に大きな利益を生むことになります。上が小さくなるピラミッティングに対して、同じ枚数を買い増しして長方形のような形になるので「長方形買い」という名称がつけられました。

このように買い増し手法であっても、ピラミッド型か長方形型かで戦略も異なるので状況に応じた手法を用いるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました