パラボリックはシンプルで使いやすい指標

初心者の投資

パラボリック(英語:paraboric)は、ストップ&リバースポイントというラインを使ったトレンドフォロー型の指標です。
RSIの開発者として知られるJWワイルダー氏によって開発されたものです。

ストップアンドリバースポイント(SAR)の形状が放物線を描いているようなことから、「放物線上の」を英語名(パラボリック)で呼ばれています。

エントリーポイントとしては、実際の価格を示すローソク足と、SARが重なる部分になります。
トレンドを追随していくので、エントリー→決済の一連の流れで終わることなく、上昇、下降ごとに途転売買で利益をとっていく試みもできます。

数多くの指標が存在しますが、この指標のメリットは「いたってシンプル」ということです。
作り自体も単純でシンプル、それでいてトレンドの転換点やエントリーポイントの発見、利確や損切りの目安としても十分に機能します。

初心者の方でも、分かりやすいのでとっつきやすいですし、上級者であっても、信頼性は高く十分に使いこなすことができます。

欠点は、レンジ相場のときに機能せず、本来の力が発揮できない、ということです。

パラボリックSARの計算式

SAR=(EP−前日のSAR)×AF+前日のSAR
EP (極大値) :
SARが買いシグナルを表している期間は、その期間の最高値。

SARが売りシグナルを表している期間は、その期間の最安値。

AF (加速因子): (0.02≦AF≦0.20)

パラボリックを使ったエントリー方法

・SARの上昇時:下降しているローソク足と交わったところが売りエントリー
・SARの下降時:上昇しているローソク足と交わったところが買いエントリー

基本的に、トレンド相場では有効に働きますが、レンジ相場で同じ価格帯で乱高下する相場だと、ダマシが多くなり、パラボリックは有効に機能することができません。

この対策として、開発者のJWワイルダー氏は、DMIのADXと併用して、現在の相場がトレンドかレンジであるかをみて、トレンドになっているところで使うことが望ましいといっています。

つまりレンジ相場であれば、いずれにしても本来の力を発揮することができず使うことは難しいというわけです。

開発者のすすめているように、パラボリックとADXを併用してトレンドかどうかを確認してもいいですし、他の指標を使ってトレンドであることを確認してエントリー、というやり方でも対応することは可能です。

併用できる指標としては、ボリンジャーバンド、MACDなどがあげられます。

タイトルとURLをコピーしました