MT5の使い方 知っておくべき項目とは?

MT4

MT5(メタトレーダー5)は、その名前が示す通り、世界で一番利用されている取引ツールメタトレーダー4の後継版としてリリースされましたが、現時点では、MT4の方がまだ一般的に使われている状況です。

普及のスピードが想定していたよりもゆっくりだったMetaTrader5ですが、最近では普及も少しずつ進み始めています。

MT5の魅力とメリットが知れ渡ってきたことの証だともいえます。

MT5を導入する業者も少しずつ増えてきました。

MT5を導入している業者
国内では残念ながらまだ未導入となっています。海外業者で信頼できるブローカーが導入したことで、今後は一気に普及が進むと予測されます。国内業者の導入も時間の問題でしょう。

MT5のダウンロードとインストール
まずは、MT5をダウンロードして使ってみましょう。
最初はとっつきにくいと感じられるかもしれませんが、慣れれば簡単ですし、むしろ他のトレードツールよりも使いやすく感じられるはずです。

MT4と共通している部分も多いため、MT4ユーザーは取り組みやすいかもしれません。
ただ、MT5はダウンロードして、そのままMT4と同じ扱いができるわけではありません。
高機能になっている分、自分にあったカスタマイズをおこなって、自分にぴったりのトレード環境を作る必要があります。

そのため、MT5の基本的な使い方(操作の仕方や画面の見方など)を知っておきましょう。最低限の操作方法を知っておくことで、自分に合ったカスタマイズ
もできるようになり、それがトレード環境を整えることにつながります。

■画像
メタトレーダー5の基本画面です。MT4を使ったことのある人であれば、ほぼ同じ形状なので、すんなりと受け入れられるでしょう。
これがメイン画面になるので、ここで基本的な操作を覚えていきましょう。

1、メニューバー
インジケーターの追加、設定の変更といったMT5全般の機能を利用するときに使うバーです。
メインとして利用するバーで、使いやすくするためのショートカットキーに対応しています。

2、ツールバー
新規注文、チャート変更、新規チャートの表示、時間足の変更など主にチャート関連の操作をおこなう際に利用するバーです。
それぞれの機能がアイコンとして並んでいますので見た目にもわかりやすく、直感的な動きをすることができます。
それぞれのアイコンを使うことでメニューバーからの操作の手間がひとつ省けるようになります。

3、気配値表示ウィンドウ
各通貨ペアのレートと気配値が一覧として表示されています。
このウィンドウを使って右クリック、ダブルクリックで素早い直接オーダーが可能になります。
ただし、デフォルトの画面では通貨ペアによっては表示されていないことがあります。
これを表示させるには、気配値を表示する枠上で右クリック→すべて表示→設定するボタンをクリック
で表示ができるようになります。

4、ナビゲーターウィンドウ
MT5の口座アカウント一覧、自動売買で活用するEA(エキスパートアドバイザ)、各種インジケータを表示することができます。
インジケータの保存などもここでできます。
ここを活用することで、カスタマイズの幅が広がり、理想のトレード環境にすることができるようになります。

5、チャートウィンドウ
メイン画面です。通貨ペアの値動きのチャートが表示されます。
画面のカスタマイズをおこなうことで、見やすくすることも可能です。

デフォルト状態だと4つのペアが表示されていますが、1つのペアに集中する場合だと、それだけを画面いっぱいに表示できます。

6、ターミナルウィンドウ
12個のタブがありますが、取り引きタブ、取引履歴タブを使うことがメインになります。

現在の保有ポジション、運用比率、口座残高、有効証拠金、経済ニュースといった情報もターミナルウィンドウで確認できます。

7、ステータスウィンドウ
MT5が現在どんな状態になっているか、ユーザーへのメッセージが表示されます。
見落としがちですが、目は通しておきましょう。

■MT5にインジケーターを追加してみる

MT4からなかなか乗り換えが進まない理由の一つがインジケーターです。
MT4とMT5では互換性がないのです。
そのため、今までMT4で愛用していたインジがMT5では使えないため、そのままMT4を使っている、というケースが多いわけです。

それでもMetaTrader4より進化しているわけですから、インジケータもMT5の方が高性能になっていますし、
自分で新しくフォルダを作成して保存をすることもできるなど、MT5でできることは増えています。

おまけに当初は少なかったMT5のインジケータも数がどんどん増えて、3000種類を超えるほどにまでなってきました。
MT4に固執する必要もないわけです。

・インジケータ追加方法
MT5も十分に数のインジが揃ってきました。

左上のメニューからファイルを選択し、データフォルダを開きます。
「MQL5」から、「Indicators」を開きます。
indicators内に、入手したインディケータのファイルをコピーして、MT5を再起動させます。

・表示させる方法
メニューから「表示項目の追加」を選択し、「インジケータ」→「カスタム」→「表示させたいインジケータ」を選択、で表示されるようになります。

・設定の変更、表示の解除
インディケータを表示したいチャートの上で右クリック→「インジ表示リスト」から選択をするか、右クリックで選択することが可能です。

・使わないインジケータの削除
「MQL5」→「Indicators」→ファイルを削除。

追加の他のやり方として、ナビゲータウィンドウから任意のインジケータを選んで、チャート上でドラッグ&ドロップだけでもできます。

■チャートをカスタマイズする

MT4でも、カスタマイズの多様さがメリットでしたが、MT5ではさらにカスタマイズの幅が広がっていて、
自分好みのチャートにすることができます。

時間足一つをとっても、MT4では9種類の時間足がMT5で12種類まで増えています。

チャート画面のカスタマイズ方法ですが、MetaTrader5のメニューバー→「チャート設定」→「プロパティ」
をクリックすることで、チャート画面のカスタマイズができるようになります。

色の設定はもちろん、ローソク足を変更したり、データの表示をかえることもできます。

時間足の切り替えは「周期設定」というところでおこなうことができます。

細かい設定というのは、初心者には取り組みづらい面もあるかもしれませんが、細かいところを見ることができることが、
トレードには有利に働きますので、やり方は必ず覚えておきましょう。

■チャートを保存する

自分でカスタマイズしたツールやチャートは、そのままにしておくと保存されていないので、起動のたびに、
同じ設定をその都度おこなう必要があります。

そのため、設定は忘れずに保存しておかなければなりません。
この保存を忘れると、毎回起動時に設定をいちいち変更しなければいけなくなり、非常に面倒です。

・保存の方法
「チャート設定」→「定型チャート」→「定型チャートの保存」で保存をおこないます。

ファイル名は自由に付けられますが、パッと見てすぐに分かる名前のほうが好ましいです。

・保存データを他チャートに適用する

適用したいチャートのタブをクリックしてアクティブ化します。
「チャート設定」→「定型チャート」→「定型チャートの読み込み」

最初に保存したテンプレートを選んで「開く」をクリックします。
これで別のチャートに適用されました。

■MT5での注文方法

基本的にはMT4でオーダーしていた方は、やり方は同じなのですぐになじめるはずです。
発注方法は複数ありますが、早く注文を入れるやり方としては、

チャート上で右クリック→「プライスボード」が表示されます。
ここから「新規注文」を選ぶことですぐに発注をおこなうことができます。

全部のやり方を覚えるのではなく、自分のやりやすい方を選んでおこなえばいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました