海外FXレバレッジ3000倍はFBSが提供

海外FXは国内FXでは不可能なハイレバレッジを提供してくれています。

そのハイレバこそが資金が少なくても勝ちトレードで資産を増やしていく秘訣なのですが、その中でもレバレッジ3000倍というダントツのスペックを提供している会社がFBSです。

ここでは、レバレッジ3000倍のメリットについて解説しました。

目次

海外FXではFBSの3000倍レバレッジがトップ

海外FX業者によって、レバレッジの倍率はそれぞれ異なっていますが、FBSの3000倍レバレッジがMAXです。

(ゲムフォレックスが以前期間限定で5000倍を提供しましたが、制約も多く現在は募集していない)

レバレッジ3000倍の条件

FBSのレバレッジ3000倍はは無条件ではなく制約条件があります。この制限、制約がけっこう厳しいのです。

1、レバレッジ3,000倍は、3つの口座タイプだけ

FBSの最大レバレッジ3000倍が使えるのは、以下の口座タイプだけです。

・マイクロ口座:1ロット=1,000通貨
・スタンダード口座:スプレッドが狭く一番無難
・ゼロスプレッド口座:取引手数料が高い

これら3種類以外では3000倍とはなりません。たとえば、

セント口座で1,000倍、ECN口座で500倍です。

どれか一つを選ぶとしたらスタンダード口座がおすすめになります。

・スプレッドが比較的狭い
・1ロット通貨量が10万通貨
・入金ボーナスあり
・最低入金額が低い(100ドルから)
などが挙げられます。

セント口座はスプレッドが広く、ゼロスプレッド口座も、スプレッドが狭い代わりに取引手数料が高めです。やはり、この中ではスタンダード口座が無難でおすすめできます。

2、レバレッジ3,000倍は、口座残高200ドルまで

レバレッジ3000倍は口座残高200ドル未満であることが条件となります。

口座残高が200ドル以上になると、レバレッジが2000倍制限となります。

レバレッジ3000倍を保ちたいのであれば、入金額は200ドル未満にする必要があります。

口座残高を確認して200ドルを超えているのであれば、200ドル未満になるように出金か資金移動をして調整します。

口座の金額が増えれば、それに伴ってレバレッジ制限も変わってきます。

レバレッジ 口座残高による制限
3,000倍 200ドル
2,000倍 2,000ドル
1,000倍 5,000ドル
500倍 30,000ドル
200倍 150,000ドル
100倍 制限なし
50倍 制限なし

口座残高が増えるごとに、レバレッジが低く制限されるのです。

専業トレーダーであれば、数百万円単位でのトレードもあるでしょうが、その場合は3000倍は使えず、100倍レバレッジ制限となってしまいます。

3、入金ボーナス利用時は、レバレッジ500倍に制限

FBSにはXMなどと同じく入金ボーナスがありますが、これを利用すると、最大レバレッジが500倍となります。

つまり3000倍は、入金ボーナスとセットでは使えないのです。

ハイレバトレードを行うのであれば、2万円未満でレバレッジ3000倍を行うことです。

4、CFD銘柄のレバレッジは10〜100倍

FBSのレバレッジ3,000倍は、FX通貨ペアのみでCFD銘柄は低いレバレッジです。

CFD銘柄のレバレッジ一覧

銘柄 レバレッジ
WTI 33倍
BRN 33倍
NASDAQ 33倍
S&P500 33倍
DAX100 100倍
個別株 10倍
金銀 333倍
パラジウム、プラチナ 100倍

33倍~333倍にとどまっています。

レバレッジが低いと、必要証拠金が大きくなり、小資金でのトレードができなくなります。

ハイレバレッジを生かしたいのであれば、CFDではなくFXがおすすめです。

5、Trade 100 Bonus口座はレバレッジ100倍制限

FBSのTrade 100 Bonus口座は、100倍レバレッジがMAXです。

トレード100ボーナスは30日以内に5ロット以上の取引で100ドルボーナスがもらえる口座ですが、口座の使い勝手が悪く100ドルの条件も厳しいので、この口座はおすすめできません。

実際にTrade 100 Bonus口座を開設している人もほとんどいません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる