メリットだらけの海外FX!デメリットをはるかに凌駕するのでやらないと損

初心者の投資

興味はあるけどなんとなく敷居が高そう・・。海外だからやりとりが大変なのでは・・?などという理由でなかなか口座開設をおこなえないのが海外FX業者。

しかし、海外FXには国内FXブローカーにはない魅力がいっぱいあります。長所、短所を知っておけば怖いことはありません。

口座を開設する前にメリットとデメリットをしっかりと把握しておけば安心です。

海外FXのメリット

・国内ブローカーを蹴散らすハイレバレッジ。

なんといっても海外FX業者の一番の魅力はハイレバレッジにあります。
日本国内のFX業者は金融庁から25倍に制限されているのに対し(現在は射幸心を抑えるという理由でさらに10倍制限の動きもあります)、海外FXは100倍、500倍というレバレッジは普通にあります。
最大手のXMでは888倍と国内ブローカーとはまったく比較になりません。

よく、FXで稼いだ人が「1年で〇億円稼ぎました!」などと、テレビや雑誌などのマスコミに登場することがありますが、あれはやらせではなく実際に稼いでいるケースが多いのです。

その秘密のひとつがハイレバレッジです。
彼らは表立っては公言していませんが、海外FX業者を使って、ハイレバレッジで取引をおこなっています。
勝てる戦略さえ確立していれば、はるかに多くの金額を稼ぎ出すことができるのです。

・EAを使った自動売買が可能

国内業者は自動売買を禁止しているところがほとんどです。
理由としては、
FXや仮想通貨、株式取引の自動売買ソフトを販売したりレンタルには、金融庁か財務局に金融商品取引業者(投資助言業・代理業)として登録、認可をおこなう必要があるのですが、未登録の業者が一時増えたことと、それらの業者の過剰広告が問題になったり、自動売買で頻繁に売り買いを繰り返すことでサーバーにかかる負担が大きくなることがあげられます。

それに対して海外の業者は使用を認めているところが多いです。

・スキャルピングも基本的にはOK

国内業者では嫌がられることの多いスキャルピングですが、海外業者ではほとんどがOKです。
短期で利益を積み上げたいのであれば、ハイレバスキャルピングが一番効率的です。

・先物商品や通貨ペアが群を抜いて多い

通貨ペアにおいては、メジャーなものはもちろん、マイナーな通貨ペアも取り扱っています。金銀、ダイヤモンドなどの先物もありますし、XMでは仮想通貨のビットコイントレードもおこなうことができます。

取り扱うことのできる通貨ペアや商品が多いということは、トレードチャンスがそれだけ増えるということです。

いろんな通貨ペアを試してみたくて、複数の口座を開設する必要もありません。

・充実のボーナスがもらえる

国内業者では、食料品の抽選でのプレゼントがあったりしますが、海外ではボーナスとして、実際にトレードで使えるポイントが金額としてもらえます。

口座開設するだけ、入金するだけ、という簡単さでボーナスを手にすることができます。

もちろん、それで実際にリアルトレードも可能ですし、増えた分の現金はそのまま出金することもできます。ボーナスが充実している会社としては、
XM
FBS
LAND-fx
iFOREX
があります。
ボーナスの種類も100%入金ボーナス、口座開設ボーナスといったものがあります。

・世界で主流のメタトレーダー、MT5,MT4が使える

世界でもっとも使われているトレードツールといえば「メタトレーダー」。

そのMT5、MT4を無料で使うことができます。
国内の会社でもMT4を使えるところはありますが、残念ながら少数派です。
これから主流になるMT5にいたっては、国内の会社では用意されていません。

・ゼロカット方式採用なので、追証に怯えることがなくなる

先物取引などで話題になる追証。追証地獄などと呼ばれ、追証で借金地獄に陥ってしまった例もあります。こうなると、離婚など家庭崩壊のはじまりとなり、今後の人生設計の変更も余儀なくされてしまいます。

ゼロカットとは、文字通り入金してある分以上の金額が請求されることはないので安心です。

海外で主流のゼロカットを日本国内業者が採用していないわけ

「海外で普及しているのであれば、日本国内の会社でもゼロカットを導入すればいいのでは?」
と思われるかもしれませんが、それはできないのです。

ゼロカットは、日本国内の証拠金取引の場合、金融商品取引法第三十九条で
「禁じられている損失補てん」
に該当するため、導入できないのです。

昔の話ですが、証券会社は一部の大口の優良な投資家とだけ損失補てんの契約を結んでおり、これは不平等であると問題になりました。

大口の顧客だけ損失は補填して、大部分の個人投資家はマイナスは自分で責任を取りなさい、といっているわけですから多くの投資家が怒るのも当然です。

この金融商品取引法第三十九条は、トレーダーにとってはマイナスな法律にも感じられますが、かつての大口、小口によって証券会社が顧客をえこひいきしていた現実をみてみると、この法律が施行されたのも、不公平を改めるという意味では仕方ないものでもあるのです。

現在はゼロカットという名称が一般的になりまいたが、この損失補てん禁止ののルールは、正式名称はNegative Balance Protection (ネガティブ・バランス・プロテクション、NBP)といいます。

直訳すると「マイナス残高を保護」となり、口座内に相場の急変動でマイナス分の追加証拠金 が発生した場合はFX業者が損失を穴埋めするということです。

国内が法律で損失補填を禁止したのとは対照的に、海外では損失補填を義務付けるルールが主流になりつつあります。

キプロスでは、2017年から補填の義務付けを明文化したことにより、ほぼすべての会社でゼロカットシステムが採用されるようになりました。

これで、国内と海外の業者の差がますます広がり、日本のトレーダーはますます海外の業者を使うようになってきました。

国内業者の対抗策はゼロカットの代わりに「100%ロスカット」だが・・・

もちろん国内のFX会社もトレーダーの流出を指を加えて眺めているばかりではありません。

最近、国内業者は、ゼロカットの代替案として、証拠金維持率100%でロスカットを取り入れているところもあります。

100%ロスカットの場合、預託証拠金のうち必要証拠金を超える余剰分が損失となってしまいますが、それでも必要証拠金分を失うことがなくなります。

それでも、実際は、ロスカットされたときは100%を下回ってしまいますし、一部の会社しかこの仕組みを導入していません。

*実録編 ユーロスイスフランが暴落した瞬間

この動画はユーロスイスフランが暴落した瞬間の相場の様子だ。

ここのテキストコメントに注目してもらいたいが、相場の急変により、まさに追証地獄になってしまっているのが分かる。

100万円入金したから、最悪100万円の損ですむ、というわけではないのだ。ゼロカットのない国内業者だとこの追証地獄が現実におきていることが分かる。

相場に絶対はないということだ。

・入金、出金方法が多彩

日本の会社だと銀行送金がほとんどですが、海外FX業者だと入金、出金の方法も複数用意されています。

入金はすぐに反映されますが、出金は海外の機関であるということでシステム上タイムラグが発生することもあります。

・国内銀行送金
・クレジットカード・デビットカード
・海外送金
・電子マネー決済サービス
・プリペイドカード

デメリットも知っておこう

・スプレッドが広いと聞いてるけど・・

確かに国内ブローカーを使っていた人が、海外業者を使ってみると、「スプレッドが広いな・・」と感じられるかもしれません。
実際に、全体としては海外の会社の方がスプレッドは広いのですが、ここには「目に見えないスプレッド」が換算されていません。

国内の会社はスリッページ、約定遅れや約定ずれが存在します。ストリーミング注文で決済しようとしても、思ったところで決済できずにズレが生じてしまった経験があるでしょう。

国内業者には、こういった隠れスプレッドがあるので、それらを総合的に考えると、一概に海外業者のスプレッドが広いとは言い切れません。

実際に自分で比較してみると分かりますが、体感的には海外のFX業者の方が、約定力が高い分、トータルスプレッドは低く感じるはずです。

・海外なので、日本語が通じるかどうか不安・・・

業者は数多く存在しています。会社の方針にもよりますが、日本市場を開拓しようとしてちゃんと力を入れているところを選ぶべきです。

会社のトップページをみれば大体わかりますが、日本語ページが準備されており、翻訳で訳したような中途半端な日本語でないことが条件です。

XMなどは、日本市場をとても重要視しているので、担当者もすべて日本人でサポートも問題ありません。

日本国内でのサポートをしっかりとおこなっている業者を選びましょう。

・出金拒否や口座凍結にならないか心配

一部で聞かれるのが、出金拒否であったり、トレードしていた口座が凍結されてしまうという噂。

出金トラブルが多そうなイメージをもたれている人も多いかもしれません。

出金拒否というのは、いざ自分の口座からお金を引き出そうとしても、FX業者が出金に応じないということです。

本当に出金できないのであれば、どれだけの利益をあげたとしても、それが「0」ということなので、一番遭遇したくないトラブルだといえます。

・ほとんどの出金トラブルは無登録業者が引き起こす

FX業務をおこなう会社は、その国の金融庁へ登録をおこなうことが義務付けられています。

これは、国内業者、海外業者を含めて同じことです。

ただ、現状は金融庁未登録の会社が日本人相手に営業、勧誘を行う例があとをたちません。

そういった悪質な無登録業者は、日本国内の悪徳自動売買システムを販売、レンタルする業者と組んで、詐欺行為を働いていることが多いのです。

自動売買システムを稼働させて、画面上の注文、決済だけはしっかりとおこなっているように見せておき、負けが続いた場合は、入金を催促し、出金には応じない、というパターンです。

金融庁のウェブサイトでは、定期的に無登録業者への警告をおこなっています。
実際にみてみると分かりますが、非常に警告を受けている会社が多いです。

ここに書かれている会社やFXブローカーには近づくべきではありません。

・ボーナスを出金拒否と勘違い
正規の会社でも出金拒否を受けた、という方がいますが、一番多い例がボーナス分を出金しようとして断られたというケースです。
もともとボーナスはお金と同じ扱いですが、それはその口座でのトレード資金としてのみ使える、ということです。
そのボーナスを元手にして増えたお金は出金可能ですが、ボーナスそのものは引き出すことはできません。

・複数口座の開設
本人にそのつもりがなくても、複数口座を開設したことにより、ボーナスの不当取得とみなされて出金拒否になる場合があります。
FX会社の規約には目を通しておいたほうがいいでしょう。

出金拒否や口座凍結などのトラブルは規約違反をおかしている、元々が悪徳業者だった、トレードに使うためのボーナスを出金しようとしている。クレジット会社のシステムの遅延をFX会社の拒否だと思い込んでいる。といった例がほとんどです。

私自身は一度も口座凍結されたことも、出金拒否をくらったこともありませんし、しっかりとしたところで、規約を守ってトレードをおこなう分には、出金拒否になることはないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました