サイクル理論とは

初心者の投資

サイクル理論とは、レイモンド・A・メリマンが提唱した理論で、日本では松下誠が知られています。相場におけるサイクルとは底→天井→底で1サイクルと考えます。

そしてサイクルという名前の通り、一定間隔でこの周期が繰り返し起こるのです。

この理論をマスターすることにより、底と天井がいつ頃くるかを把握することができるようになります。

・サイクルの種類
サイクルは、波動と同じように大きな周期、小さな周期があります。

4Hサイクル(4時間足)
メジャーサイクル(日足)
プライマリーサイクル(週足)
中期サイクル
長期サイクル

・サイクルの周期
「底→天井→底」の1サイクルには一定の周期があります。

4Hサイクル 60~80本
メジャーサイクル 35~45本
プライマリーサイクル 25~35本

もちろん完全に同じ周期というのは存在しないので、周期ごとに長さが変わっていることを理解したうえで見なくてはいけませんが、おおよそ底か天井かはこれで分かります。

・オーブ

オーブとは、相場サイクルは、80%以上の確率で平均周期の±1/6の誤差に収まる。という考え方です。

キリのいい時間でいうと、
6時間サイクルであれば、80%以上の確率で5~7時間の中で、サイクル起点が出現する。
6週サイクルであれば、80%以上の確率で5~7週の中で、サイクル起点が出現する。
ということです。

80%というのはかなりの高確率です。

これだけの確率で天井、底、トレンド転換点の予想がつくのであれば、予想もつきやすいはずです。

これは、各種の波動理論でも全く同じ考え方が通用しますが、大きなサイクルは小さいサイクルを包括しています。

その小さいサイクルの中を調べていくと、またさらに小さいサイクルが存在し、逆に大きいサイクルもそれよりももっとおおきい周期に包まれているわけです。

・サイクル理論を戦略に組み入れる
サイクル理論は、簡単に思われますが、奥が深く本質を突いた理論でもあるので、深く理解することでいろんなやり方に応用することができます。

・トレンド判定をおこなう
現在がサイクルのどこにあたるかを知ることで、次のトレンドが上昇か下降かを予測することができます。

・トレンドの転換点を狙う
サイクル理論の一番の強みとして、「天井と底が分かるようになる」ということがあげられます。

ちょうど天井であることを予測して、売り(ショート)を入れる、逆に底であるだろうと考えて、買い(ロング)を入れることもできます。

・押し目買いと戻り売りを狙う
サイクルの軸を変えることで押し目買いや戻り売りを狙うこともできます。
大きな時間軸で上昇サイクルになっているのであれば、その一つ下の時間軸(サイクル)を見て、それが下がっているときに押し目買いを入れるやり方もあります。サイクル理論はどの時間軸にもありますので、見る足を変化させることで、活用することができます。

タイトルとURLをコピーしました