Axioryはスキャルピングでの優位性あり

Axioryは人気の高い海外FX業者ですが、とりわけスキャルピングトレーダーから圧倒的な支持を受けています。

なぜアキシオリーがスキャルパーからおすすめされるのか、その人気の高さの理由について解説しました。

目次

Axioryがスキャルピングでおすすめのわけとは

Axioryは、とりわけスキャルピングにおすすめできるFX会社です。

その理由は、主に5つあります。

・スキャルピングOKと明言している
・cTraderが利用可能
・スプレッドが狭い
・約定力が高い
・完全なECN方式採用

スキャルピングOKと明言している

AxioryはスキャルピングOKだと公式サイトで明言しています。

スキャルピングはどの会社でもできるわけではなく、OKの会社、NGの会社と分かれます。

・スキャルピング禁止の国内FX業者
DMM FX
約款に「短時間での注文を繰り返し行う行為」として禁止行為としている
SBI FXトレード
外国為替証拠金取引に係るご注意に「短時間に、頻繁に行われる注文及び取引であって、他のお客様又は当社のシステムもしくはカバー取引等に著しい悪影響を及ぼすと認められる注文。」と記載

・スキャルピング禁止の海外FX業者
LANDFX
経済指標発表時・EA使用のスキャルピングを禁止
iFOREX
取引規約7.1.14に「スキャルピングは不正行為」と記載

また記載されていなくても、スキャルピングに対してあまりよく思っていない会社が多いのも事実です。

それらの会社だと多頻度売買を繰り返すことで、口座凍結、出金拒否されることもあります。

対するアキシオリーは、公式ウェブサイトのFAQに、

スキャルピング(超短期売買)はできますか?
スキャルピング(超短期売買)は可能です。また、スキャルピングの回数に制限は設けておりません。

と書かれているので、安心して取引を行うことができます。
もちろん秒スキャであっても問題ありません。

cTraderが利用可能

AxioryはcTraderというトレードツールが利用できます。

MT4と比較すると、機能面でははるかに使いやすく世界中の短期売買トレーダーが一番支持しているのも頷けます。

MT5はバージョンアップを繰り返してレベルが高くなっていますが、まだcTraderに並ぶところまではきていないのが実情です。

また、ctraderは板情報を見ることができるのもメタトレーダーにはない強みといえるでしょう。

Axioryはスプレッドが狭い

「海外FX業者は、スプレッドが広い」と感じている人が多いのではないでしょうか。

axioryはスプレッドも狭いです。
メジャー通貨ペアはもちろん、マイナー通貨ペア、エキゾチック通貨ペアにおいても、海外FX業者ではトップクラスの狭さです。

XMよりも狭く、TitanFXと互角レベルの狭さとなっています。

通貨ペアによっては、国内業者と匹敵するレベルまで迫っており、海外FX業者のスプレッドが広い、という考え方は過去のものになりつつあります。

約定力が高い

約定力が高く、スリッページが少ないこともスキャルピングにおける条件の一つです。

ctraderがMT4、MT5よりも優位に立てる理由は、スリッページが少なくサクサク約定するという点も見逃せません。

これは、アキシオリーの特徴というよりも、ctraderの特徴による強みといってもいいかもしれません。

ECN方式採用

FX会社は会社ごとに異なる取引方式を採用しています。

それぞれに長所、短所がありますが、スキャルピングトレードに適しているのが、

「ECN方式」という取引方式です。

ECN方式とは、顧客注文をインターバンク市場の注文と直接マッチングさせる方式のことです。

特徴としては、スプレッドがインターバンク市場の「スプレッド」がそのまま適用されることにより、FX会社の介在がなく、他の取引方式よりもクリーンで手数料も抑えられます。

「ECN方式」が「DD方式」、「STP方式」より約定力が高くなります。

「狭いスプレッド」「高い約定力」により、アキシオリーのECN口座がスキャルピングトレードに最適だといえます。

AXIORYは「完全なECN方式」を採用していますが、ECN方式採用業者は数えるほどです。
AXIORY
Tradeview
FXPro
IFC Markets

MT4ではECN方式を採用することは物理的にできないので、ctraderを採用している業者を目安にするといいでしょう。

ECN口座のトレードコストが安い(1ロット往復6ドル)

AXIORYのECN口座「ナノスプレッド口座」の取引手数料は、他社と比較して安い方です。

海外FX業者のECN口座の手数料(1ロット往復)
Tradeview 5ドル
AXIORY 6ドル
LAND-FX 7ドル
TitanFX 7ドル
XM 10ドル
FBS 12ドル

デイトレード、スイングトレードと比較して、スキャルピングトレードではトレードコストが利益に直結します。
取引コストが安い会社の方が、利益率も高くなります。

ECN口座でスキャルピングをするなら、取引手数料がかからないところを選ぶことがお陰とです。

ECN口座のレバレッジが400倍と高め

AXIORYのECN口座「ナノスプレッド口座」の最大レバレッジは400倍です。

LAND-FXやTradeviewのレバレッジ200倍の倍のレバレッジになります。

XMやTitanFXはレバレッジ500倍ですが、400倍あれば十分でしょう。

高レバレッジであればあるほど、必要証拠金が少なくなるので、手持ちの資金が少なくてもレバレッジを効かせたトレードが可能になります。

AXIORYのナノスプレッド口座は400倍でトレードができます。

ECN口座の最低入金額が2万円から

Axioryナノスプレッド口座の最低入金額は2万円です。

LAND-FXのECN口座は最低入金額20万円、Tradeviewの最低入金額は10万円となっているので、資金が少ないトレーダーはアキシオリーは気軽に始めることができます。

ECN口座は、最低入金額が高めに設定いるところが多い中、AXIORYが最低入金額2万円と設定していることは初心者トレーダーにとっても、敷居が低くなっている点からおすすめできます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次